MENU

小児科で働く看護師さんのメリットとデメリットまとめ

看護師の中でも特殊な領域になる小児科の分野、そこで働く看護師はスペシャリストといっても過言ではありません。小児科の正解は決してやさしい世界ではありません。小児から見ると白衣の天使ではなく、いろいろな痛い処置をする怖い看護師というイメージを持たれかねません。でも時には優しく楽しく、しかし必要な時には厳しくも接する必要があるのです。その小児科で働く看護師のメリット、デメリットをまとめてみました。

 

まずメリットです。

その一つに小児の看護技術の知識を得ることが出来るという点に尽きるでしょう。看護学校では、主に成人を中心とした看護技術を学びます。そのために小児科に入職した時点では知識がない子供。しかし、実際に働くことで、それが見についてくるのです。小児科で働くと、学校で習ってきた成人の看護技術の知識に加え、小児の看護技術の知識も加わるので、看護師としてステップアップできます。必見!小児科の看護師ガイド※クリニックと大学病院の業務の違いは?

 

次のメリットは、成人では内科や外科など分かれていますが、小児の場合は、外科も内科も整形もすべて混合であるということです。そのために幅広い知識が必要となり、勉強する必要がありますが、これも看護師としてよりステップアップすることが出来るのです。またいろいろな知識を身につけることによって、それを成人の病棟に移動になった時にも役に立つことが出来るのです。ではデメリットはどんなことがあるでしょうか?それは精神的に辛い場面が多いということです。

 

小児の中には元気に退院していく児も多いですが、中には先天性の病気や、小児がんで辛い治療の末に亡くなる小児もいるのです。闘病期間が長くかかわる時間が長くなるほど、その小児の死がせまってくることはつらいことです。小児科で働く時には、やはりそのようなことにも直面するということを覚悟しておかなくてはいけないのです。

 

もう一つデメリットは

小児の看護には、その両親のケアも含まれるということです。
多くの病院では小児の付き添いとして親が付き添っていることが多いです。そしてつらい出来事やケアがあると両親も精神的なショックを受けることもありますね。しかし子供の前ではそれを見せることはできません。つらい気持ちを理解できるからこそ、看護師は親のよき相談相手になったり、辛い気持ちのはけ口となって受け止めてあげたり、小児だけでなく、親のケアをしなくてはいけないというところに看護師の仕事の大変さがあるのです。
小児科看護師4

 

トップへ戻る